ピアノ引っ越しのコツを3つにまとめてみました。 ・専門の業者にお願いする ・設置場所を詳しく伝える ・インシュレーターを用意する これらがピアノ引越しのコツになります。 まず、専門の業者にお願いするについてですが、ピアノの引越しは一般的な引越しと違って、なかなか難しいのです。 ピアノを普通の荷物と同じように扱ってしまうと、ピアノ(楽器そのものの価格も安くはないですが、調律にもお金がかかります)が傷つきますし、音が悪くなってしまいます。 ピアノの引越しをする際は、必ずピアノ(関西圏の方なら、タケモトピアノのCMを一度はきいたことがありますよね)の運搬の知識が豊富な専門の業者にお願いするようにしましょう。 次に、設置場所を詳しく伝えるについてです。 ピアノの引越しをする際には、何よりも先に運び出し、設置するのがピアノとなるはずです。 その為に、どんな経路でどこにピアノを設置するか、引っ越し前に伝えておくことが重要です。 引越し前に伝えておけば、ピアノをどのように運ぶか事前に決めることができ、当日はスムーズにピアノをトラックから設置する場所まで運ぶ事ができるでしょう。 最後に、インシュレーターを用意するについてですが、ピアノ引越しの際に、引越し業者からインシュレーターを薦められることがよくあります。 インシュレーターを取り付けておくと、フローリングなどであればピアノを滑らせて移動させることができるためです。 また、インシュレーターを付けると、音漏れや共振も抑えることが出来る為、可能なら付けておいてもいいでしょうー